子供の頃は頻繁に怪我や突き指などは経験していましたが、大人になってから突き指をしてしまうと、子供の頃のようには簡単に治らないので、放っておくと症状が悪化してしまう事もあります。なのでもちろんテーピングの事も知りませんでした。

突き指をした事が随分久しぶりだったのと、普段からあまり運動などをしていなかったからか、その突き指がなんとも治りが遅かったのです。仕事にも支障がきたために病院に行って、ちゃんとにテーピングをしなくては治りにくくなりますよ!と注意すらされてしまいました。

しかしもともとスポーツ系ではなかった私は、テーピングがどのくらい効果のあるものなのかすらわかりませんでした。だからたかが突き指くらいと軽視していたのかもしれません。症状がひどかったのですがテーピングをする事によって、痛みなどの症状がかなり楽になりました。

よくスポーツ選手が指などにテーピングをしていますが、あれは突き指をしているのではなくて、突き指から指を守っていたのだという事を、自分の身をもって知ったというわけです。そう考えてみるとテーピングってすごいんですね。

だって突き指の予防もできるし、もしも突き指になってしまった時には、症状を軽減させる事だってできるのですから!今後は何かスポーツをやらなくてはならなくなった場合、必ず予防としてテーピングをするようにしようと心に決めたのでした。

突き指の予防としてのテーピング

突き指の予防のためのテーピングをするのは良い事です。ただテーピングの方法を知っていればいいですが、たいていの場合はテーピングといってもあまりご存知ない方の方が多いかと思うのです。そこで突き指の予防になるテーピングを学ぶ事になります。

実はこのテーピングの方法ですが、今回ご紹介するのは指をあらかじめ突き指から保護するためのテーピングの方法です。まず幅の広いテーピング用のテープを用意して、指の第一関節から付け根部分までをテーピング用テープで手のひら側から手の甲の方へぐるっと巻き、テープののり面どうしを貼り合わせます。

余った部分ははさみなどでカットするといいみたいです。サポートテープなどを使って指を保護するようにテーピングする事もいいみたいです。私の場合はテーピングがめんどうくさいので、テーピング用のテープではなく、サポーターそのものを使うようにしています。

実は突き指をしないようにテーピングをするよりもいいみたいなので、突き指防止というかプロテクターとしてスポーツ選手が使っているのがあるんですね。特にバレーボールの選手などが使っています。指に巻いている黒いサポーターみたいなやつです。

あれだとテーピングが苦手という人にも簡単にできますし、突き指をしてしまった後の保護にも利用する事ができるので、今後突き指をしてしまいそうなスポーツをやらなくてはならなくなったら利用してみるといいかもしれません。

突き指は筋を傷めてしまうために起こっている怪我ですから、たかが突き指くらいなんて私のようにしていると、症状が一向に改善せず痛い思いをずっとしてしまう結果になってしまいますよ!