腱鞘炎の症状が進んでいくと、痛みや腫れなどの他にしびれという症状が出てきたりもします。しびれの感じ方は人によっても違うでしょうし、腱鞘炎になった場所によっても感じ方がまた違ってくるものだと思うのですが、腱鞘炎によるしびれの症状はなぜ起こるのでしょうか?

腱鞘炎の症状で悩む私自身が感じている事なのですが、しびれなどの症状がなければもう少し楽なのになと思うのです。そこで通っている病院の先生に「どうして腱鞘炎でしびれなどの症状が出るのでしょうか?」とたずねてみたわけです。

すると先生はこう言いました。「腱鞘炎になった全ての人がしびれの症状が出るわけではないみたいです。」と。そうです、実はしびれが出る腱鞘炎というのは手根管症候群というタイプの腱鞘炎の方に多いのだそうです。実はこの症状は男性よりも女性の方が多いのだそうです。

どうしてしびれるという症状が出るのかというと、普段から手首を酷使する作業が多い仕事をしている女性の場合、手首の手根管という部分が狭いために腱鞘炎が起こりやすくなるのだそうで、その時に痛みなどよりもしびれを強く感じる事もあるのだそうです。

つまり女性でパソコンや手首を酷使するような仕事をやっている人が腱鞘炎になった時、手根管の炎症が起こったためにしびれの症状が起こるというわけなのだそうです。確かに私はパソコンの作業が多いのと、育児などで子供の世話をしている事が多いので、腱鞘炎になりしびれなどの症状が出ているのですね。

腱鞘炎でしびれの症状が出たら

腱鞘炎になった全ての人がしびれを感じるわけではありません。しびれを感じる部分は手首が多いようです。そして男性よりも女性の方が腱鞘炎のしびれを感じる事が多いみたいです。その腱鞘炎は手根管症候群という腱鞘炎で、手首の腱鞘炎に多い症状なのだそうです。

私は左手にしびれを感じるのですが、腱鞘炎を起こしている関節が手首だけではなく、いろいろな部分に腱鞘炎の症状が出ているため、このしびれが手根管症候群によるものであるとは気づきませんでした。特にパソコンや楽器などを毎日行う人に多いそうです。

もしも手の腱鞘炎の症状でしびれが出てしまったらどうすればいいのか悩むところですね。私の場合は作業をする時に少しだけゆっくりとするようにしたりしていますが、病院の先生に言わせるとそんな事をしても何も解決しないのだそうです。でも何らかの対策は必要です。

なので手首を冷やすとか鎮痛剤などを飲む事もしています。他には専用のサポーターをつけたりもしています。また、私の場合は肩こりと首のこりが普通ではないので、定期的に整体などへ行ってマッサージをしてもらうようにしています。するとしびれなどの症状が軽くなるのです。

もちろんですが、全ての方に共通してこれをすればしびれの症状がなくなるというのではありません。ただ、整体の先生によると肩こりや首のコリが原因で腱鞘炎になる事もあるそうなので、総合的に改善をしていくのもいいかもしれません。