左手の手首や首そして肩から指先にかけて腱鞘炎で悩んでいます。仕事柄毎日パソコンを使って作業をしているため、毎日指や腕の使いすぎによって関節に負担がかかってしまい、結果的に腱鞘炎になってしまったのですが、休んでいられないのでそのまま放置してしまいがちになりました。

腱鞘炎を放置していると、最初の段階ではそれほど問題になるような症状は無かったのです。ところが腱鞘炎をそのまま放置している状態を数年続けていたら、とんでもないような状態になってしまったのです。決して威張れる話ではありませんよね。

まず腱鞘炎の放置によって、初期の段階で感じていた症状はほとんど感じなくなりました。その代わりに別の辛い症状が次々と襲ってくるようになったのです。もちろん私が実際に感じた症状はほかの腱鞘炎で悩む人と同じとは限りません。

左手の手首は常に腫れた状態になってしまいました。特にキーボードでの作業が多いので、他の指よりも親指と人差し指を使う確率が高くなったためか、人差し指と親指の付け根付近が最も違和感を感じるようになりました。それでも騙し騙し腱鞘炎を放置していたのです。

すると今度は慢性的に親指と人差し指の付け根部分がひきつるような症状になってきました。それでも病院に行かず放置していると、今度は手首の親指側が常に痛いと感じるようになったのです。私は腱鞘炎がこんな状態になってから病院に行くようになったのでした。

本当はこんな状態になるまで腱鞘炎を放置してはいけないと知っていたのに、どうしても病院に行っている時間がなかったので行けなかったというのは今では言い訳だったなと思っています。

腱鞘炎を放置した先にあるものは

私の場合は左手の腱鞘炎をわかっていたのに放置していたことによって、重いものが持てないなどの症状が出ただけでなく、肘をまっすぐに伸ばすことすら難しくなってしまいました。こんな症状になってから腱鞘炎を治そうとしても、相当な時間と労力が必要になるだけだったのです。

それまで私は腱鞘炎なんてちょっと休めば簡単に治るものだと思い込んでいた部分があったのです。というのも最初の段階の時に少し湿布などをして休めていれば簡単に症状がおさまってしまったからです。放置の理由にはなりませんがそんな事が続いたのは事実でした。

自分が実際に経験した腱鞘炎を放置する事による症状の変化が、全ての腱鞘炎を患っている人と同じだとは思いませんが、放置する事によって腱鞘炎はさらに悪化していくという事はわかっていただけると思います。症状は次第にひどくなっていきます。

気付いた時には腱鞘炎が悪化しすぎて手術をして腱鞘を切除しなくてはならなくなるケースもあるのだそうです。手術をしたからといって痛みがすぐに去るという事では無いようです。私の周囲に腱鞘炎で手術をした人はいませんが、手術をすると普段通りに使えるまで時間がかかるといいます。

幸いにも私の場合は手術をしなくてはならないとは言われませんでしたが、この状態で再び放置するような事があれば、腱鞘炎が悪化して手術をしなくてはならなくなる事もあるよと言われたのです。