私はデスクワークが中心の仕事をしているので、毎日パソコンの操作をしています。そのせいで手や腕全体が腱鞘炎の症状で悩んだりもしているのです。人差し指の腱鞘炎の症状はひきつれた感じがするのが一番嫌な症状です。人差し指のどこが一番症状が出るものなのかというと、指の付け根から第二関節くらいによく出ます。

パソコンで作業をしているとき、人差し指の形が常に曲がっているような感じになっているのも悪いのでしょうか?指をまっすぐにしようとすると痛みを感じたりします。キーボードを打つ時にも痛みを感じたりします。幸いにもまだ腫れとかは感じていないのですが、痛みや違和感は相当なものです。

人差し指の腱鞘炎の症状は人差し指の付け根付近に多くでるような気がするのですが、ほかの方は違うのでしょうか?特に人差し指と中指の間のあたりから、人差し指にかけての筋がこわばったように感じるので、それをなんとかできたらいいなと自分では思っています。

たいていの場合は、人差し指の腱鞘炎になる原因はパソコンのマウスの操作だと言いますが、私の場合はキーボードの叩きすぎによる腱鞘炎だと思うので、右手よりも左手の人差し指の方が痛みなどの症状を感じます。マウスによる腱鞘炎とどちらがいいのかはわかりませんが、どちらも痛みは大変ですよね。

マウスの操作による人差し指の腱鞘炎の場合は、マウスのクリックをする時に力を必要とするので、相当痛みを感じるようですね。ひどい人は手術によって腱鞘を切除しなくてはならなくなった人もいるくらいです。痛みなどの症状はひどくて痛みで何もできなくなると言っていました。

人差し指の腱鞘炎になったら

一番良いのはキーボードやマウスを人差し指の負担の軽いものに変える事でしょう。病院に行くと腱鞘炎の症状だとわかると、これといった治療をせずに「ひどくなったら手術をしなくてはならないから、できるだけ動かさないようにする事」などと言われます。ほぼ確実にこれを言われますが、そう簡単に休めるわけがありません。

なので病院に一応行って腱鞘炎だとわかったら、病院の指導は聞き流すしかありません。特に人差し指は何をするにも使う場所ですから、腱鞘炎になったからといって使うのをやめる事なんてできるわけがないのです。でもそんな事を続けていたら腱鞘炎がひどくなってしまいますよね。

そんな時にはサポーターをして少し固定感を増やす事や、テーピングなどをして筋や関節などにかかる負担を減らしてあげるという事です。普段から関節を鍛えれば腱鞘炎にならないんじゃないかと思っていた私の考えは、見事に打ち砕かれる事になります。また腱鞘炎は炎症が起きている事になります。

なのでできるだけ温めないようにする事や、必要があれば冷やす事などを考えた方がいいでしょう。人差し指を固定するためのテーピングの方法などをインターネットなどでしっかりと学んだり、病院に行った時などにしっかりと教えてもらうのもいいかもしれません。

テーピングによる人差し指の固定を覚えたら、ほかの部分が腱鞘炎になったとしても対応ができるので、応用ができていいかもしれません。