私の仕事はパソコンを使ったいわゆる手作業が主な仕事です。毎日マウスの操作やキーボードを打つのが私の仕事なので、手を酷使している事になるわけです。それがだけが原因だとは思いませんが、私はパソコンの操作のおかげで腱鞘炎に悩まされる事になります。最近では手のひらにまで影響が出始めているのです。

手のひらが腱鞘炎になるなんておかしいと思うかもしれませんが、パソコンをはじめとして毎日手を酷使しているために、どこに腱鞘炎の症状や影響がでるのかは本人にすらわからないのが現状なのです。本当なら炎症を抑えるためにも動かさない日を作りたいですが、実際にはそんな事はできないのが現実です。

手のひらが腱鞘炎になったと言いましたが、正確には手のひらに腱鞘炎の症状が出ていると言った方が正しいかもしれません。以前私は手首や指などが腱鞘炎の痛みで悩んでいたのですが、最近は手のひらに腱鞘炎の症状が出るようになったので、作業をする時に以前のように手が動かなくなってしまったのです。

具体的にどんな症状があるのかというと、手のひら全体に痛みやしびれなどの違和感があるわけではありません。実はこれ多分親指の影響があるのではないかと思うのですが、手のひらの親指側の部分が痛いのです。痛いだけではなくてしびれを感じたりひきつれた感じもするのです。

何かに引っ張られているような感覚になる事もありますし、手のひらを何かのはずみで地面などにつけると、痛みを感じて体重をかけられなかったりします。親指側に違和感が集中しているので、多分親指の腱鞘炎の影響が強いのではないかと思うわけです。

実は手のひらの親指側に腱鞘炎の症状が出ている時は、親指の痛みや違和感やひきつれた感じがひどくなるのです。そして手首のやはり親指側の筋に明らかな違和感を感じるのです。なので多分私の手のひらの腱鞘炎の症状は、親指の使い過ぎによるものなのだろうと自分では推測をしているのです。

手のひらが腱鞘炎にできる事

もしも手のひらに腱鞘炎の症状を強く感じた時には、本当ならば親指の使いすぎを考えて少し休めた方がいいだろうと思うのです。病院に行ったとしても多分親指を少し休ませてあげましょうと言われるはずです。でも作業自体は休む事ができませんから、そうなると解決方法は一つしかないのではないでしょうか。

そうです。手首から手のひらにかけてを固定してくれるサポーターなどをつける事です。ただ痛みなどの症状がひどい場合には炎症がひどくなっている可能性もあるので、冷却剤や冷却装置のついているサポーターを使う事をおすすめします。腱鞘炎専用の冷却装置のついたサポーターがあるので私はそれを使っています。

手のひらの痛みや違和感があると、私はついマッサージをしたくなってしまうのですが、腱鞘炎にマッサージは逆効果なのだと聞いた事がありました。でも親指の腱鞘炎がひどくなっているために手のひらにも痛みなどが来ていると思うので、さする程度のマッサージをして手のひらの筋肉をほぐしたりしています。

私の場合は手首の部分にガングリオンというのができているので、腱鞘炎がひどくなるとそこまで痛みを感じるようになるので、できるだけ腱鞘炎の症状がでないように冷やしたり、肩のマッサージをしたりしています。実は肩こりをほぐす事も効果的で、手のひらの違和感も若干少なくなる事に気付いたのです。

近所にあるマッサージ師さんのところで、定期的に肩こりや首の疲れをとってもらうのも腱鞘炎には効果的です。もちろん個人差はありますが、手や手のひらなどを酷使している事による症状もあると思うので、腱鞘炎だけではなく全体的な疲れをほぐす事も重要です。