腱鞘炎で指が痛いと感じた事はこれまで無かったのですが、作業をしていると指の痛みを感じるようになりました。それまではこの症状が腱鞘炎の症状であるとは思った事がありませんでしたが、特に親指の付け根付近が痛い事に気付いたので、湿布などをしたりマッサージなどをしたりしていました。

でもマッサージなどをしても指の痛みや違和感といった症状は全く取れませんでした。そこで初めてこれはちょっとおかしいのでは?と思って病院に行ってみたのですが、結果は案の定腱鞘炎だから動かさないようにしましょうと言われました。いつも思う事なのですが、どうして病院では動かすなというのでしょうか?

動かさないようにして生活ができれば何も問題はありません。結局私は指の痛みやしびれなどの腱鞘炎の症状を振り払うように作業をしなくてはなりませんでした。ところがどんどん指に出てくる症状が強くなってきたのです。また、それとは違った症状も出てきました。

そこで、指が腱鞘炎になってしまった場合の症状についてを調べる気になったというわけです。ちなみに腱鞘炎が指に出るという人は、相当毎日指を酷使しているという事ですから、次の作業を毎日行っている方は注意した方がいいかもしれません。

毎日パソコンでキーボードを打つ作業をしている人、パソコンのマウスを長時間操作するという人、楽器などを毎日奏でている人(弦楽器など)他は思いつきませんが、これらの方の場合は指が腱鞘炎になってしまう可能性があるそうなので、症状はチェックしておいた方がいいかもしれません。

指の腱鞘炎の気になる症状

指が腱鞘炎になっているのかどうかは、指に出る症状で判断する事ができるそうです。例えば中指の場合は指の付け根部分に痛みを感じるとか、指を一度曲げたら伸ばしにくくなるとかも腱鞘炎の症状だそうです。特に中指や親指や薬指に多く出る症状なのだそうです。

他にも指がむくんでしまって握ろうとすると痛みが出るなども腱鞘炎の症状なのだそうです。親指の付け根から手首までの筋がこわばったり痛みなどを感じる場合も腱鞘炎の症状の一つなのだそうです。また、曲げた指を伸ばしにくいのとは逆で伸ばした指を曲げようとすると曲げにくいなどもあるそうです。

腱鞘炎になると様々な症状が出るものなのですが、指の腱鞘炎の場合にも痛みやしびれだけではなくて、むくんで指を曲げるのが大変に感じるなどもあります。これらの症状を和らげるためにマッサージをしたい気持ちになるのですが、実際にはマッサージが逆効果になる事もあるので注意しましょう。

指にこれらの腱鞘炎の症状が出た場合には、できるだけ冷やしたり動かすのを少しやめて、休憩をとるようにするなども効果的に症状を和らげる事ができると思います。また、肩こりや首のこりが原因で腱鞘炎の症状を出す場合もあるみたいなので、定期的に肩を動かすとか首を動かすのも効果的だそうです。

どうしても指の症状が慢性的になってきたら、腱鞘炎の治療も必要かもしれませんが、骨格の歪みや肩こりの解消のために整体などを利用しても治療効果を上げる事ができるそうです。