腱鞘炎を放置していると、症状はどんどん悪化していってしまいます。ましてや原因となっている事をやめないと、痛みやしびれなどの症状はどんどん強くなっていきます。なので病院で治療を受けるといいと思うのですが、腱鞘炎の治療の中で注射を打って治療をする方法があるのは有名です。

腱鞘炎の注射での治療は有名なのですが、具体的にその注射をする事によってどんな恩恵にあずかれるのかはこれまでずっと謎でした。そこで私自身の左手首の腱鞘炎の痛みもかなりひどくなってきたため、このあたりで注射による治療をしてみてはどうだろう?という事になったため、注射での治療についてを調べる気になったというわけです。

病院の説明によると、腱鞘炎の注射を打つには結構技術がいるそうです。そして注射の中に入っている薬には、ステロイドという薬と鎮痛剤とが入っているそうです。それを手首などの腱鞘炎を起こしている部分に入れるわけですが、入れる場所はどこでも良いという事ではなく、患部に入れられないと失敗という事になるそうです。

さらにこんな事も説明されました。注射を打つ時には人によっては相当痛みを感じる事もあるのだそうです。でもその痛みも注射が終わった後数時間で取れるのだそうです。それを聞いて尻込みをしてしまったため、未だに注射は受けていないのですが、同じように受けた友達は腱鞘炎の痛みも違和感も去ったのだそうです。

ただ、良さそうに感じる注射で腱鞘炎を治す方法ですが、注射をする人の技術や経験によっては痛みが消えない事もあるそうです。しかも注射での治療は数週間の間を空けないと次ができないのだそうです。なので注射による治療をする時にはある程度覚悟をして受けるようにするといいかもしれません。

腱鞘炎の注射の内容について

腱鞘炎の注射による治療ですが、腱鞘炎の炎症を起こしている部分にステロイドや鎮痛剤などを直接注射するという治療法で、腱鞘炎で悩んでいる多くの患者さんが受けている治療法でもあります。ステロイドの注射をする事で炎症を抑える働きがあるので、痛みや腫れなどの違和感を軽減するだけではなく、注射1本で完全に治る可能性もあるのだそうです。

ただし、腱鞘炎の注射の治療では注射をする側の技術を必要とする治療なのだそうです。高度な技術がないと何度も注射による治療を受ける事になるので、費用もかかりますし痛みや違和感も軽減しないので、効果があったと感じる人と効果がなくて辛くて嫌だと感じる人が二分するのも特徴的ではないかと思います。

ではどうして腱鞘炎の注射による治療に技術が必要なのか?注射による治療にいくらくらいの費用がかかるのかというと、まず注射をする技術が高くなければならない理由の方から説明すると、腱鞘炎の注射を打つ場所を探り当てるのがとても大変なのだそうです。

腱鞘炎を起こしている腱鞘に(患部に)直接薬を投与するためには、腱鞘炎になっている部分を的確に探り当てて薬を注射しなくてはならないからです。未熟な方や経験の少ない方だと的確な場所に注射を打つことができないので、治療後になっても症状がなくならないという事が起こりうるからなのだそうです。

ちなみに腱鞘炎の注射の治療を一回受けるにはどのくらいの費用がかかるのかというと、実はこの注射の値段はピンからキリです。なぜかというと患者さんの症状や痛みなどによって薬が違うからだと言われました。なのでこの人がいくらだったからそれだけ用意すればいいというものでもないみたいです。

一番良いのは注射を受ける病院で、今回受ける注射による治療の費用がどのくらいなのかについてをしっかりと聞いてみるといいでしょう。問題なのは腱鞘炎の治療をしたからといっても、無理をしては再び同じように腱鞘炎になってしまうという事です。