数年前に歌手の八代亜紀さんがメニエール病になった事を語っていた番組を見た事がありますが、メニエール病とはどのような病気なのでしょうか?また、メニエール病の初期症状とはどのような症状なのでしょうか?

聞いた話によると、メニエール病というのは女性の発症率がとても高い病気なのだそうですね。初期症状はとても特徴的でとても辛い症状なのだそうです。その特徴的な症状は4つほどあるのだそうで、辛いのはこの4つの症状が交互にくるのではないという事でしょう。

メニエール病の初期症状は激しいめまいと、耳が聞こえなくなってしまう難聴、そして耳鳴りと閉塞感が伴うと言われています。難聴は私も経験した事がありますが、高い音は聞こえるのに低い音が聞こえなくなってしまうのが特徴的だと言えるかもしれません。

そのため人との会話が聞き取りにくくなってしまったりします。メニエール病の恐ろしいところは激しいめまいではないでしょうか。初期症状の段階から回転するようなめまいを感じる人もいれば、最初はそうではない人もいるのだそうです。

ちなみにメニエール病の初期症状の段階では、それほどの症状が無かったのに急激に激しい回転性のめまいを感じるようになり、その後は吐き気や耳が難聴になってしまったなどという場合もあるのだそうで、一概にはこれが初期症状だとは言えないのも事実でしょう。

ですが一番特徴的な初期症状は回転するようなぐるぐるとしためまいだという事は間違いありません。ただし回転性のめまいは低血圧などによっても起こるので、全てがメニエール病だとは言えないのも事実なので、できるだけ早く病院に行く事が重要です。

危険を伴うメニエール病の初期症状

メニエール病の初期症状で見られる回転性の激しいめまいは、強いストレスによって内耳部分に水腫ができる事によって起こると言われています。昔はそれほど無かった事から現代病の一つだと言われている病気で、耐え難いストレスによって起こると考えられています。

激しい回転性のめまいが出る事によって、たいていの人は歩く事が困難になったりします。それがメニエール病の初期症状だとは気づけずに、普段通りの生活をしようとすると、大変な怪我をしてしまう可能性があるので注意が必要になるわけです。

例えば歩行は困難になってしまいますので、階段には十分に注意しなくてはならなくなります。そのめまいがメニエール病の初期症状だとしたら、治療をしている間は症状が出る事を予想して、部屋を一階に変えるなどの工夫が必要になるでしょう。

なるべく階段や段差を歩く危険を回避してあげるべきです。ちなみにメニエール病の初期症状はめまいや難聴や閉塞感や耳鳴りだと言いましたが、実はその後の症状も全て同じ症状が繰り返し襲ってきます。なのでメニエール病の場合は初期症状も何もないのです。

問題なのは初期症状の段階から辛い症状が出る傾向にあるので、できるだけストレスの軽減をする必要があるのと、メニエール病をしっかりと治療する事が必要になるので、できるだけ早く病院に行く事をおすすめいたします。