突然の眠気を感じる事が多い人はわかると思うのですが、急激な眠気が襲ってくる前後というのは、ひどい頭痛に悩まされていたりするのです。どうして頭痛がした前後に耐えられない程の眠気が襲ってくるのか、改善する方法はないものなのでしょうか?

そんな悩みを持っていましたが、その理由が少しずつわかってきたのです。私が耐え難い程の眠気をともなう頭痛を感じる理由は、睡眠不足が原因であると言われています。恥ずかしい事なのですがあまりにひどい症状なので、病院で検査をしていただいたのです。

その時には脳などには何も異常は見られませんでした。そこで病院でいろいろとお話を聞いてもらっているうちに、私が年中睡眠不足である事がバレてしまったのです。私の眠気を伴う頭痛の原因は仕事や育児が原因でした。子供が小さいために夜中もちょくちょく起きていたのです。

まず育児をしていると、自分が眠かろうがなんだろうが関係ありません。そこで毎日少しずつ睡眠不足が蓄積していってしまうのです。いつも眠っていると考えているケースでも、実際には深い眠りについていなかった睡眠不足だったため、眠気が襲う頭痛になったのです。

なのでこれを改善させるためには、まとまった睡眠をしっかりと取る事です。そうすれば眠気を伴う激しい頭痛に襲われる事は少なくなるでしょう。と言われたのでした。現在でもやはり睡眠不足は完璧に解消はされていませんが、お昼寝をする事によって眠気を伴う頭痛からは解放されています。

眠気がする頭痛を改善するには

私の場合では眠気がする頭痛が発症する理由は「睡眠不足」によるものでした。たとえ仕事をしていなくても、昼間や夕方に激しい眠気が起こるのは耐え難い事ですので、できるだけ改善をしたいと思うのは当然の事です。そこで実際に私がやってみたいくつかの改善策をまとめてみましょう。

対策の一つ目は眠れるときに眠る事ですが、事情があってなかなか睡眠が取れない場合は、休憩時間などに新鮮な空気を吸う事、そして首や肩などを動かして運動をします。でも中にはちゃんとに睡眠をとっているはずなのにという人もとうぜんいるでしょう。私の知り合いにも眠気と頭痛に悩む人がいます。

原因は睡眠時無呼吸症候群でした。こういう場合にはいくら眠っても睡眠が取れていないことになるので、昼間は信じられない程の眠気と激しい頭痛を感じるようになるのだそうです。こういう場合の改善策としてあるのは、眠っている時に呼吸ができるように、呼吸補助の機械を病院からレンタルするのだそうです。

お友達はこの機械のレンタルによって、昼間の眠気と頭痛から解放されたのだそうです。つまり眠気と頭痛の原因の一つには、酸素不足も関係している事になるのですね。もしも眠っている時間が長いのに激しい頭痛と眠気が襲ってくる場合には、睡眠時無呼吸症候群を疑ってみてもいいかもしれません。

ちなみに太っていて顎に脂肪が多くついていると、この睡眠時無呼吸症候群になりやすいのだそうなので、眠気と頭痛と肥満気味の3つの症状がある人は病院で検査をうけてもいいかもしれないですね。