さっきトイレに行ったのにすぐにトイレに行きたくなる事もあるし、そうではなくてトイレに一度入ると残尿感がいつまでもあるために、トイレから出る事ができなくなってしまうなどの症状があると、なんだか不安にもなりますしとても辛いものですよね。

残尿感の原因というのはいったいどんな事が原因で起こるのでしょうか?通常私たちは、トイレで用を足すとスッキリしているものなのですが、たまに「まだ出そうな気がする」と感じてしまう事もあります。この残尿感の原因は意外と少なかったりするのだそうです。

例えば私の例で言えば膀胱炎などになった場合に、残納棺を多く感じてしまったりします。特に女性の場合は膀胱炎になりやすく、習慣化しやすいので注意しなくてはならない病気の一つだと言えるかもしれません。ただこの場合の原因は細菌ととてもわかりやすいです。

あと、トイレに行けないという状況になったりすると、いつまでも尿ができっていないような感じがして、いつまでもトイレに閉じこもりっきりになってしまいます。実はこうしたストレスによる残尿感というのも多いそうです。

人によっては残尿感の原因が自律神経失調症だったりするそうです。自律神経失調症は強いストレスが原因で起こったりするとも言われていますし、毎日の生活習慣を改善して治したという例もあるくらい生活習慣に敏感な病気です。なので自律神経失調症が原因なら簡単かもしれません。

生活習慣をしっかりと改善して、強いストレスから開放される事ができれば残尿感の原因がなくなるので、残尿感から脱出する事ができるでしょう。

残尿感の原因とメカニズム

残尿感はどうして起こるのか、その残尿感が起こるメカニズムと原因についてを調べてみましょう。残尿感の原因は人によってそれぞれだと考えられていますが、基本的に残尿感をコントロールするのはとても難しいと言えるでしょう。尿をコントロールできるとすれば我慢くらいです。

残尿感というのは尿を出しているにもかかわらず、まだ尿が残っているような感じがするというもので、本当に尿が残っているのかについては定かではありません。もちろん中には本当にトイレに行くと普通に尿が出る人もいるのだそうです。また男性の残尿感の原因と女性では違う事もあるそうです。

男性の場合で残尿感がある場合の原因として考えられるのは、前立腺肥大などによる膀胱圧迫が考えられます。肥大した前立腺が暴行を常に圧迫している事になるので、少しでも尿がたまってくるとトイレに行きたくもなりますし、常に残尿感に襲われる事にもなるのだそうです。

一方女性の場合で残尿感が頻繁に起こった場合、原因として考えられるのは膀胱炎ではないでしょうか。暴行が炎症を起こしてしまうために起こるもので、中には血尿などが出ている可能性などもあるのだそうです。膀胱炎の原因は細菌が体内に入り込む事でおこります。

なのでもしも膀胱炎が原因で、残尿感があった場合にはできるだけ早く病院で治療を受けた方がいいでしょう。また、残尿感の原因は年齢によっても変わってきます。過活動膀胱という可能性も捨てがたいので、まずは病院でしっかりと検査などを受けてみるのもいいと思います。