子供の頃は球技などをよくしていたので突き指などはしょっちゅうしていたのですが、大人になってから球技などをしていないのに突き指などをしてしまう事があります。ドアを開けようとして何を思ったのか突き指をしてしまい、あまりの痛さに見てみたら内出血までしていたのです。

これまで経験した事がないような痛みを感じ、指の周辺が内出血をしてしまう程の怪我でした。状況から言うと突き指なのですが、内出血をしたことなど一度もなかったので、もしかしたら骨折デモしてしまったのかもしれないと思い、病院に行って調べてもらう事にしたのです。

病院でレントゲンによる検査などをしてもらったところ、確かにその怪我は突き指だったのですが、突き指で内出血をするなんて事があるのかと確認してしまいました。すると先生は「突き指で内出血をするのは珍しい事ではありません。」と言われました。そうなのです突き指で内出血はよくある事なのだそうです。

実は指を突いてしまった怪我などで、止血をしなくても大丈夫な怪我の事も突き指というのだそうです。そして先生が言うには内出血をしている突き指の方が、患者さんは大事にするので指にとっては良い事なのだそうです。その理由を聞いてみると次のように説明されました。

突き指は本当はしっかりと手当しないと、指の機能を損傷するほどの怪我なのに、あまり重大な怪我だとは認識されにくいのだそうで、そのために後遺症が残る人も多くいるのだそうです。その話を聞いて「なるほど」と思ってしまったものです。

突き指で内出血がある場合

突き指で内出血が見られる場合は、いったいどんな大怪我をしたのかと驚いてしまうものですが、内出血が無かったとしても突き指はちゃんとにケアをしてあげなくてはなりません。なぜならば、指の靭帯が損傷しているために起こる怪我なので、靭帯の損傷を悪化させないようにする必要があるからです。

例えば内出血をともなう突き指の場合、靭帯が切れてしまっている事があるのだそうです。たまたま私の場合は突き指をした時の衝撃で、血管が切れて出血をしただけだったのですが、中には靭帯が切れてしまっていたり、靭帯を切った時に骨折などをしている事もあるのだそうです。

もしも骨折をしていたり靭帯を損傷したりしていた場合、しっかりとした治療をしないと後遺症が残ってしまう事だってあるのだそうです。もちろん靭帯を切断してしまった場合、手術をして治療をしなくてはならなくなります。実はこのように靭帯を切断してしまっても突き指になるのだそうです。

突き指で手術を必要とするなんて、考えただけでもぞっとしてしまいますが、実際に突き指が原因で手術をしている人は少なくはないそうです。いずれにしても内出血があって腫れ上がれば突き指のケアもしっかりとできますから、逆に考えれば悪い事ではありますが、良い結果になる可能性もあります。

なので、突き指をした時には内出血をしているしていないに限らず、しっかりとした手当をしておかなくてはならなのです。