親指の突き指など絶対にしないと思っていましたが、意外にも突き指をしてしまった事がありました。他の指の突き指はしたことがあったのですが、始めて親指の突き指をした時には痛みがひどいので、テーピングをして保護をしていました。

親指の突き指にテーピングをすると、怪我をした場所が固定されるので、症状がひどくなるという事は避けられるそうです。なのでもしも親指を突き指をしてしまった場合には、テーピングをしっかりするなど初期治療に努めましょう。

まず親指の突き指をテーピングをして固定するためには、どの関節の部分が突き指をしてしまったのかをしっかりと把握する事から始めなくてはなりません。ちなみに突き指は指の関節の捻挫なので、しっかりとテーピングをすれば痛みも和らぎます。

テーピングをする時の注意は、親指のどこの部分にでもテーピングをすればいいというわけではありません。どの関節を傷めたのかを見つけて、その関節を保護するようにテーピングをしていかなくてはなりません。

ただ、親指の場合には関節が2つしかないので全体的にテーピングをすれば大丈夫だと言われました。必要なものはテーピング用のテープだけです。あとは正しい突き指のテーピング方法を覚えるだけでOKです。

親指の突き指の時のテーピングの順序

親指の突き指のテーピングをする時は、突き指をした手をなるべく広げるようにしてテーピングをしていきます。そうしないとテーピングをした意味がなくなってしまうからです。当然ですが突き指をした方の手の手首からテープを巻いていきます。

手首にテープをまず巻きます。この時左手の親指の突き指の時にはテープを右巻きにします。右手の時には左巻きにしていきます。そうすると一周した時に親指のちょうど横にテープが出てくるからです。ぐるっと一周させて手の甲の側から親指の付け根にテープを巻きます。

手の甲の方から親指に回したテープを親指にくるっと一周させます。一周したら今度は手首にテーピングしていきます。これを1回として3回くらい同じ動作を繰り返します。これで親指の突き指のテーピングは終わりです。最期は手首の位置でテープをカットします。

この方法でテーピングをする事で、親指の突き指の治りも早くなると言われています。もちろん冷やす事も忘れないようにしなくてはならないでしょう。ちなみにこのテーピングの方法は親指の突き指の方法です。他の指が突き指をした時には違う方法があります。

なので親指以外の突き指の場合のテーピングの方法については、その都度違う専用の巻き方をしなくてはなりません。そうしないと効果が無いからです。でもテーピングも大事ですがやはり骨折の可能性も考えられるので、病院に行って検査をするべきです。

ですがテーピングの方法を知っていると応急治療ができるのでいいと思います。ただ親指の突き指のテーピングだけではなくて、他の指の突き指用のテーピングの方法も覚えておいたほうがいいでしょう。