突き指と骨折の違いはとてもわかりにくいものです。知り合いにも野球のボールが当たって突き指をしたと思って、突き指の治療をしてそのまま治してしまった人がいましたが、指の痛みや関節が曲がらなくなったので病院に行くと骨折をしていました。

骨折をしていたので治療をしようと思っても、くっついてしまっているので一度くっついてしまった骨をはがして再びつなぐという荒療治をする事になってしまったそうです。でも本当に突き指と骨折の違いってわからないものなのでしょうか?

実は意外と骨折なのか突き指なのかの違いってわからないものなのだそうです。突き指も怪我をした時というのは動かす事ができないほど痛みを感じるものです。一方骨折も折れているわけですから関節を動かす事ができないので、痛みは似ているため見抜く事ができないのです。

考えてみたら骨が見えるわけではないのでわからないのも当然かもしれませんね。結局友人は骨折をしていたため手術をして正しくつなぎ合わせるという治療で治しました。後になって突き指と骨折の違いがわからなかったおかげでひどい目にあったと言っていました。

いつ自分の身に起こるかわからない事でしたので、もしも突き指をしたのか骨折をしたのかがわかるとしたら、どんな事でわかるのかや違いについてを自分なりに調べてみる事にしました。将来役に立つかもしれませんしね。すると次のような事がわかってきたのです。

突き指と骨折の違いはわかりにくい

突き指かと思ったら骨折だったという話を聞いたので、突き指と骨折の違いについてを調べてみたのですが、実際には突き指と骨折を分かつ痛みや腫れなどの症状は、私たち一般人の目でわかるものでもないみたいでした。つまり病院に行くしかないのです。

その理由はとてもシンプルで、自分の目で自分の骨を見る事ができないから、という一言に尽きるのではないかと思います。突き指も骨折も痛みは一緒くらい痛いのだそうです。つまりしっかりと骨の状態を見る事ができない限り突き指か骨折かの違いはわからないものなのです。

ただ、病院の医師が触診といって触ってみるとあら不思議!わかってしまったりする事もあるのだそうです。やはり毎日患者さんを診ているだけありますよね。きっと医師には突き指なのか骨折なのかの違いは触るだけでわかってしまうものなのでしょう。

そもそも突き指は指の関節周辺の筋肉や筋などにダメージを負う事が原因で起こります。その痛みは骨折なのか突き指の痛みなのかの違いなどはありません。つまり言い換えれば骨折をしていたとしても、怪我をした時の状況によっては突き指だと勘違いしてしまう事になるのです。

なので、突き指か骨折かわからないくらい痛みがある場合は、どっちかな?などと違いを考えたりせずに、取り敢えず冷やして固定して病院に行ってレントゲンなどを撮ってもらうのが一番良いと言えるのです。たかが突き指だろうと放置していると、指が変なところにくっついてしまって後で困る事になるのです。