突き指は突いてしまったからなると思っていたのですが、実際に突き指と同じような怪我は強く引っ張られた事によっても起こります。もしかしたらそれは違う怪我なのかもしれませんが痛みは同じに感じます。実は鉄棒で小指を突き指して治療をした事があるのです。

鉄棒で突き指なんておかしいと思うでしょうけども、実際に病院で治療を受けた時に突き指ですねと言われたのでそうなのでしょう。というのも突き指は靭帯を損傷する事で起こると言われているからかもしれません。鉄棒などの場合は小指や薬指など突き指しやすい場所はあるみたいです。

私は鉄棒を掴んだ時に普段力を入れない小指にグッと力を入れて、体重をかけた瞬間に痛みを感じました。やはり大人になって普段やり慣れないことはしてはいけないのだなと改めて思いました。最初は放置していたのですが、しばらくしてから腫れと痛みがひどくなりました。

なので病院に行って治療をする事になったのですが、その時に注意されたのは小指でもどこでも突き指をしたらすぐに冷やして動かさない事だそうです。動かさないようにするためには薬指とセットでテーピングなどをして固定するといいそうです。

結局私はそれが突き指だとは思わなかったので放置した状態だったのですが、かなり小指が腫れてしまったので、しばらく腫れや痛みが引くまで指を動かせなかったのを覚えています。突き指は初期治療がとても大事な怪我なので、絶対に今度は忘れないようにしようと思っています。

小指の突き指の治療とは

病院の医師のお話をそのまま説明するとこうなります。まず小指は一番小さくて細い指なので、球技やスポーツをした時に怪我や突き指をしやすいのだそうです。そのため何かスポーツをする時には万一の事を考えて、テーピングやアイシングができる治療のためのセットなどを持っていくといいみたいです。

突き指はどの指でも同じですが、まず突き指をしてしまった小指を冷やしてあげます。冷やす理由はいつも説明しているように内出血を防ぐためです。内出血を防ぐという事はつまり腫れを防ぐという事になります。実は突き指をした時の治療でこの冷やすという事はとても重要な意味を持つのだそうです。

次にできれば突き指をした小指を固定したいところです。小指の靭帯を損傷しているのでなるべく動かさないようにした方がいいからです。また、動かす事によって内出血をする可能性があるので、それを防ぐためにも固定した方がいいのです。これも初期治療の一つなので覚えておきましょう。

もしも固定できるものが無かった場合(添え木などが無い場合)は、薬指と一緒にテーピングをしてあげるといいみたいです。また、冷やした後で小指だけをテーピングしてもいいみたいです。その場合は突き指をした患部がどこの関節なのかをしっかりと判断し、その関節の上(手の甲の側)の部分にテープをクロスさせます。

この方法でしっかりと初期治療を行う事によって、小指の突き指の症状は軽くなっていくと言われています。ここでもう一つ注意するとすれば、テーピング用のテープはできるだけ伸縮しないほうがいいそうです。