小指を突き指するなんて一度も経験した事がありませんでしたし、小指は一番外側にあるし小さいので突き指の対象外だと思っていたのですが、実際にボールを使った球技などをした時には、小指の突き指は一番可能性が高いのだそうで、治療のためにテーピングをされました。

普段からスポーツなどあまりしませんから、急にバレーボールなどをすると言われて正直戸惑いました。ところがやってみると楽しくて夢中になり、つい小指を突き指してしまったのです。腫れないように冷やしてテーピングをしていただいたのですが、おかげで結構痛みは感じなかったのです。

やはりもつべきはバレー部もしくはバスケ部の出身者だなと思ってしまいました。話を聞いてみるとバレーボールやバスケットボールなどをする時には、意外と小指の突き指をしてしまうものなのだそうです。そうなった時には当然応急処置としてテーピングをしたりするのだそうです。

小指は自分の意思で動かすのが難しい指ですよね。しかも他の指よりも細くて突き指もしやすいのだそうです。そのためテーピングをする時にはしっかりと固定できるようなテーピングをした方がいいそうです。もしもこの時にどうでもいいような治療をしてはいけないそうです。

そのためテーピングをする時は正しい巻き方をしなくてはなりません。ただぐるぐるとテーピングをするのでは突き指をした後の後遺症が残らないとも限らないのだそうです。なのでテーピングの方法は正しい方法を身につけた方がいいでしょう。

小指の突き指の正しいテーピング法

小指の突き指の応急処置として冷やしてからテーピングを行う時には、適当なテーピングをしては後遺症が残る可能性が無いとは限らないので、しっかりとテーピングをするようにするべきです。小指のテーピングも他の指のテーピングの方法と基本は同じです。

また、テーピングをする時には専用のテーピング用テープを予め用意しておくといいでしょう。ちなみにテーピング用のテープは色々なタイプがあるので、小指だけではなくて全ての指の突き指のためにも、よく使いそうな幅や硬さのものを用意しておくといいかもしれません。

突き指をした時のテーピングの方法ですが、小指だから特別という事ではなくて他の指の突き指と同じように、突き指をしていない指と一緒にテーピングをするのが基本です。つまり小指の場合は薬指と一緒にテーピングをするという事になります。バレーボール選手がよくやってますね。

あれは実は突き指をしたから巻いているのではなくて、突き指をしないために巻いているのだそうです。つまり突き指は怪我をする前に予防をする事ができるという事になります。最近ではスポーツ選手用に専用のサポーターなどを販売しているので、それを用意しておいてもいいかもしれませんね。

ちなみに単独で(小指だけを)テーピングする場合ですが、この場合は突き指をした関節によって違ってくるので注意が必要です。またできるだけ使用するテープは伸縮しないタイプのものを使った方がいいそうです。いずれにしてもテーピング用テープを使う場合には、傷めた関節を補強するように巻くのが基本です。