趣味でランニングをしている友人は、かなり長い年月時間が許す限りほぼ毎日ランニングをしています。ところがランニングを続けている内に、足首に痛みを感じるようになったそうです。もちろん足首だけではなくて足の甲などにも痛みはあるのだそうで、病院に行ったら腱鞘炎だと言われたそうです。

病院に行くと先生は足を動かさないようにと言うそうです。でも仕事をするのも歩いたりする仕事ですし、動かさないようにする事自体が難しいのが足首の腱鞘炎の辛いところですね。ところで足の甲の腱鞘炎なら話はわかりますが、足首の腱鞘炎という事になるとどのような症状が出るのでしょうか?

また、足首の腱鞘炎の場合、足首のどの部分が痛みを感じたりするのかがわかりにくいですよね。そこで足首が腱鞘炎になってしまった時にはどの部分に痛みなどの症状が出るものなのかを聞いてみました。するとちょうどくるぶしのあたりが痛くなったりするそうです。

私もたまにくるぶしのあたりが痛いと感じる事があるのですが、もしかしたらこれは捻挫ではなくて腱鞘炎の痛みだったのかもしれませんね。ちなみにもしも足首が腫れたり痛みなどの症状が出た場合は、腱鞘炎を疑ってケアしてみるといいかもしれません。

また、もしも足首や足の甲などが腱鞘炎になってしまったら、腫れている時にはできるだけ冷やすようにする事や、サポーターもしくはテーピングをするといいのだそうです。また、ランニングなどを日課にしていると、足首の腱鞘炎になりやすいので予防をするといいそうです。

足首の腱鞘炎の予防

足首が腱鞘炎になると、動くのもままならないほどの痛みなどに襲われる事もあるそうです。でも腱鞘炎の治療をするには患部を動かさないようにするのが一番だと言われていますので、腱鞘炎になると中々思うように改善しない傾向にあるようです。そこで腱鞘炎を予防するのが一番という事になるのです。

足首の腱鞘炎の予防をするにはどうしたらいいのかというと、例えば継続的にランニングなどで足首を使うという方は、ランニングをする時にはテーピングやサポーターなどをして、腱鞘炎にならないように予防をするようにすればいいわけです。

それとランニングなどで足首を継続的に使うという人は、ランニング専用のシューズなどを使うのもいいかもしれませんね。最近ではオーダーメイドで比較的安価に靴を作ることができるようなので、そうしたものを作ってもいいかもしれません。腱鞘炎の予防にはなるでしょう。

また、ランニングなどのスポーツで足首を使った後は、できるだけクールダウンをさせてあげて足首を休めるようにする時間も必要かもしれません。休めることができれば腱鞘炎の予防をする事にもつながります。それと毎日ランニングなどをするのもいいですが、休足日などを作ってもいいでしょう。

たまには足首を休めてあげるのも腱鞘炎の予防には効果的です。中には休むと気が休まらないという人もいるみたいですが、足首が腱鞘炎になって動けなくなったらそれこそ大変です!回復が遅い足首の腱鞘炎は予防する事で回避できるものなので、少しだけ足首の事を考えてスポーツをしてみてはいかがでしょうか。