私の友人の中に、私よりもひどい腱鞘炎で悩んでいる方がいるのですが、私とは腱鞘炎になった原因が違うためなのか、それとも腱鞘炎の場所が違うからなのかはわかりませんが、治療のために針をしているという人がいるのですが、針での治療に効果はあるのでしょうか?

友人の話によると、針治療をする事によって腱鞘炎が良くなった人がいるというのですが、個人的な意見を言わせてもらえれば、針によって治療をしても腱鞘炎は良くならないのではないだろうかと思うのです。その理由は針治療の効果が気になるからです。

簡単に言ってしまえば、針を筋肉などに刺す事によって治療をする針治療ですが、ツボと言われている部分に針を刺すからといって、すぐに腱鞘炎が治るとは思えないのです。というのも針による治療やお灸などによる治療の原理を教わった事があるからです。

肩こりなどを治療する時に針やお灸をする時には、ツボと言われている部分に針を刺したりお灸を据えたりして刺激を与えますよね。その刺激によって自ら治そうという人間に備わった機能を増幅させる事で治療が行われます。つまり腱鞘炎のように炎症を起こしている部分にやると逆効果なのではないでしょうか?

肩こりと腱鞘炎は全く違うものです。確かに筋肉が緊張している事によって炎症を起こすという点では同じかもしれませんが、針で治療ができるほど簡単には治らないと思うのです。それでも腱鞘炎の治療に針を使う人がいるには何か理由があるからなのでしょう。

腱鞘炎に針を使う理由とは

針による治療は「東洋の神秘」に触れる良い機会なのかもしれませんが、実際に腱鞘炎で悩んでいる人にとっては深刻な問題なのです。もしも針による治療によって腱鞘炎が治るのなら、整形外科は全く必要ないという事になってしまうでしょう。そこで針治療が腱鞘炎に与える効果を調べてみました。

ちなみに針による腱鞘炎の治療をしてくれる鍼灸院で、良いと言われている鍼灸院ではどのような治療が行われているのかを調べてみました。すると、悪い鍼灸院にかかってしまった場合は、患部がどうなっているのかを調べずに針を刺したりするそうです。これでは治療するのが怖くなります。

針の治療をする時には、鍼灸院での治療が効果をあげる事ができる状態を見抜く事が重要だと言っていました。というのもやたらと針を刺していたのでは治療にならないからなのだそうです。良い鍼灸院は針での治療が効果的な時期と、そうではない時期を見抜く力がある医師がいる医院です。

そして全体的に身体の状態をチェックして、その時期は整形外科での治療が良いとか、この時期は針での治療がいいとかを見極められるといいそうです。また、腱鞘炎などの場合にも針の治療が効果を発揮する事があるそうです。それは自然治癒力を針の力で上げる事なのだそうです。

もともと針での治療は、自然治癒能力を最大限に引き出す治療法なので、腱鞘炎にも効果があると言われています。つまり整形外科での治療と針での治療をミックスする事によって、腱鞘炎を再発しにくい体質にしてくれるとも言えるのかもしれません。