どんな医者が名医なのかは人によって感じ方が違うものですが、できるなら早めに痛みを取り除いてくれるのが名医かなと個人的には思うので、特に腱鞘炎の痛みや腫れなどをできるだけ早く取り除いてくれる先生のところへ行ってしまうものです。

例えば私の場合は左手首の腱鞘炎がひどいので、定期的に痛みを抑えるために病院を訪れています。この時通っているのはいわゆる整形外科ではありません。私の場合は肩こりや首こりからくる腱鞘炎なので、個人的には整体へ行くようにしていますが、私にとってこの先生は名医です。

どうしてなのかというと、肩のどの部分が私の腱鞘炎に影響しているのかをしっかりと診断して、その状態に合わせて身体の調子を整えてくれるからです。しかもこうした方がいいとかこれはやめた方がいいとかもしっかりとアドバイスしてくれるので、素人の私でも気をつける事ができるのです。

もちろん腱鞘炎の原因は人によって違うものなので、私にとって良いと思う事が全ての方々に良いとは言えません。なので、自分にとって一番良い治療をしてくれる医師が、その人にとっては一番の名医であると言えるのではないでしょうか。

また、デスクワークをしている私と、スポーツや手作業を中心にしていて腱鞘炎になった人とでは、根本的に使いすぎている部分が違うと思うので、まず名医を探すよりも自分でどうして腱鞘炎になってしまったのかを把握する事が、名医を探す第一歩かもしれません。

腱鞘炎の名医はいるのでしょうか?

腱鞘炎はとても症状が辛いものですから、当然腱鞘炎になったら早く治したいと思うものですよね。何よりも腱鞘炎の症状は痛いというのがあるかもしれませんが、実際に自分が腱鞘炎になると「苦しい」という方が断然強いのではないかと思うのです。そこでできるだけ名医に診てもらいたいと思うわけです。

でも、名医ってどんな先生の事を言うのだろう?と思った事はありませんか?なんとなくですが、名医というのは何でもすぐにわかって、ぱっぱと治してくれる先生だと思いがちですが、実際に名医と言われる先生はそれほど多くはないと思います。特に腱鞘炎の場合は名医の定義が難しいですよね。

例えば病院に行って腱鞘炎だと診断された場合、たいていの先生は「動かすな」もしくは「手術します」または「注射をします」の3つの治療法しかしませんよね。この3つしかしないのにその中から名医を探そうなんて、どうかしているとしか思えないと個人的には思うのです。

そこで、腱鞘炎の治療一筋でやってきたという名医は、本当は日本には一人もいないのではないだろうかと思うわけです。では腱鞘炎を治療したいと思ったらどうすればいいのでしょうか?そもそも病院の先生が腱鞘炎になったとして、自分の病院で治療をしようと思うでしょうか?私は多分治療はしないと思います。

だって、もしも手術をする先生だったとしたら、手術なんかしたら繊細な手術ができなくなる可能性がありますものね。実際にそういう医師が名医と慕う先生は、一般的な病院にはいないものなのかもしれません。聞いた話によると腱鞘炎になった時の名医は、身体の歪みや筋肉の緊張をほぐす事ができる整体などの医師なのだそうですよ。