背中の痛みを感じ始めたのがいつの事からだったのかは記憶が定かではありませんが、今思えばかなり前からこの症状は自覚していたように感じます。背中の痛みだけならそれほど気にもしなかったかもしれませんが、その内に吐き気も感じるようになったために不安を感じるようになりました。

病院に行かないといけないなと思いながらも、仕事が忙しいというのがあったのでなかなか行く事ができませんでした。ところがある日の事、夕食を食べたあとで体調が悪くなったため、横になっていたところ吐き気に襲われ、トイレで戻したところ吐血して再び背中の痛みに襲われました。

これは実際に家族に起こった事で、私は突然の出来事に驚いて急いで病院に連れて行ったのでした。背中の痛みと吐き気を感じたこの家族の病気は、なんと胃潰瘍だったのです。胃潰瘍で背中の痛みを感じるなんておかしいと思われるかもしれませんが、紛れもない事実だったのでした。

ただし、私の家族の場合は食道に静脈瘤ができていた事もあったので、その静脈瘤が破裂した時などにも背中の痛みと出血をしていたはずだと言われました。吐き気は出血した血液の量が多いため、消化する事ができずに吐き気になっていたようでした。これは実際にあった話です。

恐らく多くの胃潰瘍や食道静脈瘤を経験した事がある人なら、この背中の痛みと吐き気と吐血はセットで経験したと思われます。それにしてもどうして胃潰瘍なのに背中の痛みを感じるのかは不思議ですが、胃の背中に近い方に潰瘍ができた場合などには、背中の痛みとして自覚するのではないかと思います。

背中の痛みと吐き気のある病気

たまたま私の家族の場合は胃潰瘍や食道静脈瘤によって背中の痛みや吐き気といった症状を経験したのですが、他にも背中の痛みや吐き気などを感じる病気があるかもしれません。たまたま入院した先で同じように吐血などを経験している方がいました。

その方の病気が逆流性食道炎だったのですが、その方の症状にも背中の痛みと吐き気そして胸焼けなどの他にゲップが多くなったなどがあったそうです。逆流性食道炎の場合は特に背中に痛みを感じる方が多いのだそうで、かなり特徴的な症状のようでした。

また、背中の痛みや吐き気やゲップなどの症状は、膵臓炎などの時にも起こる事があるのだそうです。つまり背中の痛みを感じたからといっても、背中が病気なのではないという事になるのですね。なので背中を打ったわけでもないのにこれらの症状が出る時には、内蔵の病気を疑った方がいいという事です。

もちろん背中の痛みだけをとって病気を調べてみると、心臓病などの場合にも背中が痛いと感じる事があるみたいです。がんなどになった時にも背中の痛みや吐き気などを感じたりする事もあるみたいです。特に胃潰瘍や逆流性食道炎などは癌に発展しやすいので注意です。

私の家族が入院した時の経験で言えば、背中の痛みを感じ始めてからしばらく経過してから吐き気や吐血をしたので、ある意味で言えば背中の痛みを感じた段階で、病院に行って何の病気なのかを調べてもらった方がいいかもしれません。

早期発見ができれば治療効果も早く発揮できるのではないでしょうか。なので背中の痛みをともなう吐き気を感じたら、内蔵の病気で治療が必要だという事を頭に入れておくと慌てずに済むのでいいかもしれません。