メニエール病という病気をご存知ですか?メニエール病は内耳と言われる部分に水が必要以上に溜まってしまうという病気です。実はこの病気になるととても辛い症状が襲ってくると言われているのですが、皆さんはご存知だったでしょうか?

基本的にメニエール病という病気は、誰もが発症する可能性がある病気なのですが、男性よりも女性の方が発症する可能性が高いと言われている病気です。強いストレスが原因なのだそうで、かなり特徴的な症状が出る事でも有名な病気なのです。

メニエール病の症状でまず一番最初に感じるのは回転性のめまいだと言われていますね。回転性のめまいのひどさは自分でも経験した事があるのでわかるのですが、目を開ける前からぐるぐるとまるで地震でも起こっているような感じに思えるような強い症状が現れるのです。

この回転性のめまいがある状態では起き上がる事ができません。少しでも頭を動かすとぐるぐるとひどくめまいが起こるので、頭を固定しておかなくてはならないでしょう。それとメニエール病の症状の中に吐き気というのがあるのですが、セットで襲ってくる事は想像できます。

また、メニエール病は内耳という部分に水が溜まるために起こると言われているので、難聴など耳が聞こえにくくなるなどの症状も起こるようになるのだそうです。これらの症状が出た場合には病院で検査をしてもらう必要があるでしょう。

他にも典型的なメニエール病の症状とは言えないものもあります。例えば耳鳴りが普段よりもひどくなったなどもありますが、回転性のめまいが無い限りはメニエール病を疑う事はないでしょう。

メニエール病の症状の改善はできる?

メニエール病の症状が出てしまった場合には、改善する事ができれば改善したいと思うものですよね。ですがメニエール病の症状というのは、内耳と言われる部分の水をコントロールするしか方法がありません。実はこの内耳にある水が平衡感覚を養っているからです。

なので症状を改善したいのならばメニエール病の原因を見つけて改善し、さらに内耳に溜まる水の量をコントロールするしか方法がないのです。その代表的な方法が利尿作用のある薬を処方してもらって飲み続けるという治療法で、これは病院で処方してもらう薬です。

また耳の閉塞感(耳が詰まっている感じがする)や難聴という症状なども、病院に言って改善できるかどうかをしっかりと聞いてみるべきでしょう。メニエール病の患者さんの多くは、これらの症状を改善すべく病院での治療を受けていると言われています。

ただし内耳の水のコントロールというのは、病院に行って2~3回治療を受けたから、または薬を飲んだからと言って改善するものではありません。メニエール病の症状は長い期間続ける事によって効果を得られる治療しかないのです。なので気長に治療をしましょう。

ちなみにメニエール病の症状は回転性の激しいめまいと耳の閉塞感、そして難聴と言って耳が聞こえにくくなるといった症状が出てくるので、どれか当てはまる症状があったら(特に回転性のめまいがあったら)すぐに病院に行って、検査などを受けるようにした方がいいでしょう。