魔女の一撃って知っていましたが、まさか自分がその魔女の一撃とも言える痛みを経験する事になろうとは思いもしませんでした。ある朝突然歩くことすらできない程の痛みに襲われるとは思わなかったのです。歩けないほど腰が痛いなんてありえませんでした。

仕事には行けないし病院に行こうと思ってもどうすればいいかわからないし、でもその時ふと考えてみたのです。自分は腰が痛いような事をしたっけ?と!そうなんです。私は腰が痛くなるような事は全くしていなかったのです。

それなのに立ち上がる事すら難しいほど腰が痛いのです。その時になって初めて事の重大さに気づき、急いで病院に連れて行ってもらったわけです。病院に着くとすぐに腰が痛い理由がないという事を言いました。そして最新の映像検査などを受けたのです。

すると、背骨に異常がある事がわかったのです。実はこの背骨の異常は数万人にひとりという確率で発症する病気で、最近見つかったと言われている病気だったのだそうで、私の場合は治療法が確立されていないという病気だったのです。たかが腰が痛いだけで難病とは!

そして体重が増加してしまうとどんどん痛みが増えるので、太る事が許されない身体だった事が判明したのでした。このように腰が痛いからといって放置しておくと、とんでもない病気になっている可能性だってあるのです。

たかが腰痛だからといって放置せずに、原因がわからない腰の痛みには十分に注意した方がいいでしょう。難病以外で腰が痛いという症状が出る病気についてを調べてみましょう。

腰が痛い病気

普段から腰が痛いなどの症状がある人というのは、ちょっとした痛みだったら平気で我慢してしまうと思うのです。でもその腰痛の原因が病気だったとしたらどうしますか?中には命に関わるような重大な病気かもしれませんよ!

まず腰が痛い症状が出る病気の代表的なものと言えば椎間板ヘルニアですよね。実は私も難病でありながら椎間板ヘルニアも患っていたのです。でもヘルニアはごく一般的なものなのかもしれませんね。

腰が痛い症状が出る病気で、整形外科が担当しているものは椎間板ヘルニアの他にも、脊柱分離症とか腰部脊柱管狭窄症などがあります。いずれも長時間歩くのが苦しいそうで、腰が痛いなどの症状の他に排尿障害などが起こるようです。

これらの病気も怖いですが、内蔵関係の病気でも腰が痛いなどの症状が出る事があります。しかも非常に強い痛みの場合もあるのだそうです。例えば胃癌や膵癌などの時も腰が痛い症状が出るそうですし、女性なら子宮がんなども腰の痛みを訴えるようです。

内蔵の病気が原因で腰が痛い場合、何をしてもどんな姿勢をとっても楽になる事がないと言われています。それどころか放置しておくとどんどん痛みが激しくなったりするそうです。なので腰が痛いのに何もこれといった原因が見当たらない時は注意が必要です

できるだけ早く病院に行って検査などを受けた方がいいでしょう。私の知り合いにも胃癌の方が背中や腰が痛いなどの症状を訴えていたので、本当に早めに病院で検査を受けるべきです。