幼児とは小学校に上がる前の段階の子供さんの事を言いますが、全ての子供さんが同じ症状が出るわけではありませんが、特に男の子を持つお母さんが、子供さんの膝の痛みについて心配していたので、いったいどうして膝の痛みを訴えるのかを調べてみたそうです。

まず息子さんに何か怪我をするような事をしたのかたずねてみたところ、膝の痛みを感じるような怪我は一切していないとのことでした。確かに腫れてもいないし怪我もしていないのだそうです。そこで何か病気なのかもしれないと思って病院に行ったそうです。

すると、幼児であるにもかかわらず、その膝の痛みの原因は成長痛ということだったのだそうです。成長痛って言ったら中学生くらいの男の子などが、急激に身体が大きくなるために膝の痛みなどを訴えるというあれですよね。幼児なのに成長痛ってあるのでしょうか?

色々と調べていると、幼児であっても小学校にあがる前の成長期で、膝の痛みを感じる子供さんが確かにいるのだそうです。ちなみにその膝の痛みは遊んでいる時には痛みはあまり感じないのだそうです。夜眠ったり休めていたりする時にかぎって痛み出すのだそうです。

成長痛は時に大泣きするほどの痛みを感じる時もあるのだそうです。でも幼児なだけに痛み止めなどを与えるわけにもいかないので困ったそうです。なので、まずは病院でしっかりと検査をして成長痛がひどい場合の対処方などを聞いてくるといいと思います。ちなみに女の子にも希にあるみたいです。

幼児の膝の痛みの原因の多くは

このように、幼児であっても成長が著しい時期というのは膝の痛みなどで悩むものなのだそうです。もちろん大きな怪我をした時にも痛みを訴えるかもしれませんが、特に夜中に膝の痛みで泣き出すなどの場合のほとんどは、成長痛であるというお話を耳にしました。

成長しているのだから喜ばしい事でもあるのですが、本人としては膝の痛みが気になって眠る事ができないかもしれません。幼児なだけに眠る時間が削れるのは本当にかわいそうです。そこで、膝の痛みが出た時にどんな対処をすればいいのかを色々と探してみましょう。

ただ幼児というデリケートな年齢なので、大人のように痛み止めを飲むというのは心配ですから、第一にするべきは膝の痛みの原因がなんなのかをしっかりと病院で調べていただく事をお勧めします。もしかしたら膝の痛みの原因は成長痛ではない場合もあるからです。

ちなみに病院で成長痛であると診断されたとしても、幼児の成長痛が続くのはせいぜい2年程度なのだそうです。もしも膝の痛みや違和感などが5歳を過ぎても続くようであれば、他の原因があると考えてもう一度詳しく検査をしてもらう必要があるかもしれません。

まれに膝蓋骨脱臼になりやすい体質の幼児もいるようなので、そういう場合には成長痛とは違って成人しても膝の痛みはありますし、いろいろな障害となる可能性があるようです。なので続くようであれば定期的に検査をした方がいいでしょう。