肩甲骨はとても大きくて頑丈な骨である事は一目瞭然ですが、強い衝撃によっては怪我をしてしまう事だってあるのです。友人は交通事故に遭遇した時に肩から地面に倒れたらしいのですが、その時は事故の緊張からか痛みは感じなかったそうですが、後になって骨折している事が判明したのです。

もちろん事故にあった時にはまさか肩甲骨のような大きな骨が骨折をしているなんて、想像もしなかったのだそうです。ただ肩を強打してしまったとしか考えなかったそうです。病院に行って骨折がわかるまでに意外なほど時間がかかってしまったらしく、完治するには相当時間がかかったようでした。

肩甲骨の骨折はそうそうあるものではないのだそうですが、骨折を決してしない場所ではないようです。そして困った事に肩甲骨が骨折しているとしても、病院でも肩甲骨の骨折を見つけるのは難しいのだそうです。なぜならば肩甲骨の構造がそうさせるのでしょう。

肩甲骨を骨折してしまうとできるだけ早く治療を始めなくてはならないそうです。そうしないと後遺症が残る事になるためです。リハビリによって早めに治療を始めないと、肩が動かしにくくなってしまったりするのだそうです。もちろん痛みもひどいそうですが・・・。

肩甲骨が骨折しているかどうかについてですが、自分でわかりにくかったらどうしよう?などと考える必要はありません。肩甲骨が骨折してしまうと相当な痛みを感じるものなのだそうです。なので長引く痛みが気になる時には病院に行って検査を受けるべきでしょう。

肩甲骨の骨折による症状

私は個人的に肩甲骨なんて大きな骨なんだし骨折なんてしないと思っていたのですが、実際には肩甲骨というのは強い衝撃が加わったりすると、骨折したりするものなのだそうです。例えば肩を強打した時などに肩甲骨を骨折している事もあるのだそうです。

肩甲骨が骨折してしまったとはほとんどの人は気づかないものなのだそうです。肩甲骨の骨折だとは思わずに他の事が原因だと思うそうです。特徴的な症状としては肩の痛みやしびれなどを訴える人が多いのだそうです。実は腕の骨は肩甲骨にくっついているのだそうです。

なので肩甲骨を骨折すると腕にまで痛みやしびれなどの違和感を感じたりするのだそうです。ちなみに肩甲骨の骨折をしっかりとリハビリしなければ肩の骨がずれてしまうために、腕が高く上げられなくなるのだそうです。それと調べてみてわかった事もいくつかあります。

肩甲骨というのは大きい骨なのですが、意外と骨自体に厚みがないのだそうです。なのでちょっとした衝撃で骨折する可能性もあるそうです。なので、長引く肩の痛みなどがある場合には、骨折した覚えがなかったとしても、一応病院へ行って調べてもらう必要があるそうです。

完治するまでに結構長い時間がかかってしまうものなので、できるだけ早く骨折を発見する事が望ましいのだそうです。なので長引く肩の痛みや腫れそして動かした時の違和感を感じた時には、専門医でしっかりと診てもらった方がいいでしょう。