デスクワークをしているせいなのか、しつこい肩こりという悩みを抱えているのですが、毎日ではないのですがたまにしびれや痛みなどを感じる事があります。肩甲骨の周辺で起こっているのかもしれないのですが、原因がわからないので不安に感じてしまいます。

肩甲骨の痛みの他にもしびれなどを感じた場合には、本当に肩こりが原因なのかどうかわからない事もありますよね。実は肩甲骨の痛みやしびれを感じた時には、何か神経に関係する事もあるのだそうですから、あまりに気になるようだったら病院で検査を受けたほうがいいでしょう。

例えば腕がしびれるといった事も肩甲骨に関係がある可能性があるそうで、その原因は腕は肩甲骨につながっているからなのだとか・・・。もしも肩甲骨に痛みやしびれがある時には、肩甲骨の内側か外側かによって原因となっている病気が違ってくるのだそうです。

そして意外にも肩甲骨の痛みやしびれには、怖い病気が隠されている可能性があるのだそうです。例えば斜角筋症候群や助鎖間隙や頚助症候群や小胸筋症候群といった首んお関係している病気などは、いっけん肩甲骨のしびれや痛みとは関係無い感じがしますが関係しているそうです。

つまりこの場合には骨格が歪んだりする事によって、神経を圧迫したりしてしまうために肩甲骨や腕などがしびれたり痛みを感じたりするという事になるのだそうです。いずれにしても早めに病院で検査を受けたほうがいいでしょう。

肩甲骨の痛みとしびれの原因は何か?

一般的に肩甲骨の周辺に痛みやしびれが起こる原因として考えられるのは、筋肉が硬くなってしまったために周辺の神経を圧迫するために起こる症状であると考えられています。事実こうした事が原因で肩甲骨の周辺にしびれを感じたり痛みを感じたりする事が多いようです。

いずれにしてもしびれという症状が出るという事は、神経が関係しているという事は間違い無い事だと言えるのではないでしょうか。神経が圧迫されたりする事によって、しびれや痛みなどの症状が出るのはよくある事です。特に肩甲骨周辺にはたくさんの筋肉があるので不思議な事ではありません。

もしも肩甲骨のしびれや痛みといった症状が、肩こりが原因で起こっているのだとしたら、たいていの場合は肩甲骨周辺にある筋肉のこりをほぐす事によって改善していくと考えられます。神経を硬くなった筋肉が圧迫するために起こったのなら、柔らかくなれば改善するからです。

ところが、肩甲骨周辺の筋肉がこっていないのに、もしくは肩甲骨周辺のこりをほぐしたにも関わらず、痛みやしびれなどの症状を感じるのだったら、それはこりによるものではなくて、他の事が原因で神経を圧迫している可能性があるので、病院で検査をするべきです。

調べてみると肩甲骨周辺にはしびれや痛みの原因となっている要因が全くなく、他の事が原因で痛みやしびれが起こっている可能性もあるのです。もしもこうした事が原因だった場合には、病院でしっかりと検査をして治療をしなければ治らない可能性があるので注意するべきでしょう。