肩こりがひどいと何をしていても辛いですね。肩甲骨の周辺にある筋肉のマッサージをするだけでもかなり違ってきます。でもただ闇雲にマッサージをしても何も効果が無い事もあります。なのでまずは肩甲骨周辺にあるツボのマッサージをするようにするべきでしょう。

そのためにも肩甲骨のツボがどこにどのくらいあるのかを把握する必要があるわけです。ちなみに私は自分では見る事も触る事もできないため、肩甲骨や背中のツボのマッサージをする時には、他人の手を借りてお願いしてマッサージをしていただいております。

一番オススメなのはやはり整体師などのところに通う事ではないでしょうか。でも最近では自分でできる肩甲骨のツボの刺激方法などもあるようなので、整体師のところに通う時間を利用して自宅で簡単にマッサージをできるように自分なりに努力はしているつもりです。

ちなみに肩甲骨には腕が直接つながっているのと、頭を支える大きな筋肉があるので、肩こりが起こると腕もだるいし頭も痛いしという事になる事が多いです。それと肩甲骨にあるツボ付近に湿布をするだけでもかなり効果が違ってくるので、ツボの位置を知っておくといいでしょう。

まず肩甲骨周辺にあるツボは左右対称に4つずつあります。肩と腕の付け根付近にある「臂臑(ひじゅ)」ちょっと内側にある「臑兪(じゅゆ)」肩のちょうど上にある「肩井(けんせい)」そして肩甲骨のちょうど真ん中くらいにあるくぼみの「天宗(てんそう)」です。

これらのツボをツボ押しができる便利な道具などを使って刺激していきます。そうすると蓄積していた疲れも少しずつ取れてきます。ただし気持ちがいいからといって、ずっと刺激し続けるのは問題です。傷めてしまうと肩甲骨なだけに後で辛い症状で悩むことになります。

肩甲骨のツボはどうやって押すのか?

肩甲骨のツボの位置がわかっても実際にどうやって押したらいいのか悩みますね。特に肩こりがひどくてツボを刺激したいのならば、自分の指や手を使ったのでは疲れも取れないと考えるものです。でも自分でツボ押しをするのにひと工夫をすれば疲れずにマッサージする事が可能です。

例えば肩井のツボを押すのだったら、ツボを押さえたら肩の方を上下にすればいいのです。そうすれば指で押したりするわけではないので、疲れずにマッサージする事が可能です。これと同じで天宗のツボを押す時にも、ツボ押しを使って肩甲骨の方を動かせば楽にマッサージができます。

最近ではツボ押しができる道具もたくさん売っているので、自分に合ったものを買ってくるといいでしょう。肩甲骨の周辺には大きな筋肉もあるので、ツボのマッサージの他に筋肉のマッサージなどもするといいですね。そうすれば筋肉の緊張も改善する事ができるので一石二鳥です。

肩甲骨周辺にあるツボや筋肉を刺激しすぎて傷めてしまわないように注意しながらマッサージをしていかなくてはなりませんから、あまり長時間行わない事も大切かもしれません。あまりにも刺激しすぎると痛みや腫れなどが起こる事もあるからです。

ツボ押しを使うと痛いと感じる場合には、電気のマッサージ機を使ってもいいかもしれません。肩甲骨全体をまんべんなくマッサージする事によって、筋肉のこりをほぐして肩こりを改善する事ができます。