仕事でデスクワークをしているので、毎日仕事が終わった時には肩がガチガチになってしまいます。嫌なのがやっぱりひどい肩こりなのですが、毎日気になった時に肩甲骨の周囲をストレッチするなど、適度に動かす事によって解消しています。

どうしてデスクワークで肩甲骨がこるのかというと、パソコンでの作業をしている時にはずっと同じ姿勢でいなければならないからです。同じ姿勢を保ちつつキーボードを操作するなどをしていると、腕や肩甲骨がこってしまうのです。なのでストレッチを必要とするのです。

一言で肩甲骨のストレッチといっても色々なストレッチの方法がありますよね。例えば単に肩こりなどを治すためのストレッチであったり、ダイエット効果があるストレッチをするのもあるでしょう。でも共通して良いこともあります。

それは肩甲骨をストレッチする事で健康的になる事と、女性には嬉しいバストアップの効果が出るという事かもしれません。実は肩甲骨を最低でも5分以上動かす事によって、肩の周辺にあるリンパの流れがとてもよくなるのだそうです。

すると、体内の老廃物も美しくなるという事になるのです。肩甲骨のストレッチで肩こりを解消するだけでなく、美しくなれるのなら一石二鳥ではないでしょうか?でもそのためには、どうやって肩甲骨のストレッチをすればいいのかを知らなくてはなりませんね。

そこで肩甲骨の簡単なストレッチの方法などについてを調べてみる事にしたのです。

美しく健康になれる肩甲骨のストレッチ

肩甲骨の一番簡単なストレッチ法はどれかよりも、しっかりとしなくてはならない事があります。それは肩甲骨のストレッチをする時にはしっかりと呼吸法を一緒に行う事です。そうすると肩甲骨の周辺のお肉もとれて、しかも肩こりなども解消する事ができるからです。

それと重要なのは肩甲骨の周辺のストレッチをする時には、できれば朝と夜眠る前に行うといいみたいです。どの方法がいいかはインターネットなどでもたくさん公開されているので、そういう情報をこまめにチェックして、自分に合った肩甲骨ストレッチ法などを探してみるといいかもしれません。

でも肩甲骨のストレッチをするとどうしていいのでしょうか?別に肩甲骨じゃなくたっていいはずですよね。でも実は肩甲骨じゃないといけない理由もちゃんとにあるのです。例えば肩甲骨の周辺にはたくさんリンパが流れる線があるとかもそうかもしれません。

他にも腕は肩甲骨に直接くっついているというのもあるかもしれませんね。みなさんも誤解していたかもしれませんが、腕の付け根は肩甲骨なんだそうです。そのため肩甲骨をストレッチするという事は、腕の疲れも一緒にとってくれるという事になるのです。だから肩甲骨のストレッチはいいのですね。

また肩甲骨のストレッチをする時には、腕も同時に動かす事が必須となるので、毎日しっかりとストレッチをしていると、腕のたるみなどもなくなってスッキリとした腕や肩周りになってくるのだそうです。この時絶対に忘れてはいけないのは呼吸法をしっかりと行いながらストレッチをするという事です。