日本人の死亡要因で一番多いのは癌で、次に心臓の疾患、そして3番目に多いのが脳疾患という脳の病気が原因です。脳は私たち人間が生きていくのに絶対に不可欠なものです。そのため定期的に脳も検査をするべきだと思うのです。

ところが健康診断はしっかりと受けていても、脳の検査はあまりしないという人がとても多いみたいです。最近では脳外科などで脳の状態を詳しく調べる事ができる脳ドックというものがありますが、定期的にこの検査をする事は脳疾患を未然に防ぐ事ができる機会を得る事ができます。

自分は健康的だから大丈夫なんて思っていても、いつなんどきどうなるかわかりません。アルツハイマーだったりくも膜下出血だったり、脳梗塞だったり脳腫瘍など脳の病気は色々とあるのです。特に脳疾患と戦う病院は地域社会との絆を大事にしているものです。

脳は人の感情というよりもその人そのものを司っている場所ですから、どんな些細な事でも何でも相談できる病院があったらいいですよね。特に脳外科の場合は質の良い医療を提供できるだけの設備が必要です。でも今の現状ではそれだけの質を揃える事ができません。

もちろんそういう設備をしっかりとしている医療現場もあります。ただそういう病院は敬遠されがちな部分もあります。だからこそ地域で絆を強めて脳ドックなどを受けやすい医療現場を作る必要があるのですね。脳疾患のスペシャリストたちは今も地域のために戦っているのです。