下痢をする原因はいろいろとあると思うのですが、一番多いのは体内に喜ばしくない病原菌などが入り込んだ時ではないでしょうか。よく食中毒になったりすると、激しい下痢や嘔吐などを起こしますが、この時悪寒を感じる事があるのをご存知ですか?

たまに下痢をした時などで、ちょっと症状がひどい時などには、悪寒も同時に起こる事がありますが、この原因は完全に食中毒などによるものです。でも悪寒は通常は熱が出ているから悪寒として感じるわけで、普通は下痢をしただけでは悪寒は感じたりしません。

つまり下痢をして悪寒を感じるという事は、熱が出ている事にもなるわけです。下痢と熱を同時に感じるとゾクゾクとした悪寒として感じる事になるわけです。そうなった場合には病院に行って調べてもらった方がいいです。経験上こうした食中毒は伝染するからです。

一般的に夏場や梅雨の時期に発症する食中毒の場合は発熱などをしないものなのですが、そうではなくて冬場に発症する食中毒の場合には、熱が出たりそれに伴って下痢をしたり悪寒を感じたりします。一般的にこのタイプの食中毒はノロウィルスといってかなり有名です。

熱による悪寒はどういう意味があるのかはわかりませんが、下痢をしたり嘔吐したりするのはノロウィルスを外に出そうと必死になるからです。若い人でもかなり症状は辛いですから、お年寄りがいるご家庭では絶対に感染は避けたいので、できるだけ早く病院に行った方がいいでしょう。

下痢と悪寒がある病気

私は経験上下痢や悪寒といったらノロウィルスなどの食中毒を疑いますが、実は他にも下痢や悪寒を伴う病気はあるそうです。例えば急性胃炎などがそうなのだそうです。もちろん実は食中毒も胃炎の一つだと考えられているので、分類上は同じなのかもしれません。

ですが胃炎の原因がウィルスだけだとは限っていないのです。ストレスによって急性胃炎などになったりすると、やはり下痢をしたり悪寒がしたりするのだそうです。しかも急性胃炎などを起こした場合には、下痢の痛みも相当激しい痛みである事が言われています。

当然熱が出る事も多いようです。そのため下痢や嘔吐や激しい腹痛そして熱や悪寒を感じたりするのだそうです。これらの症状が出てくると相当辛いと思います。中には脱水症状を起こしてしまう方もいると思うので、できるだけ早い段階で病院に行くべきです。

たかが胃炎だと思っていると、あとになって命に関わるような事態にならないとも限りません。だからといって水分をやたらと摂るのも問題があるようです。なので病院に行ってしっかりと調べてもらい、適切に治療をしていただく方がいいと言えるのです。

特に細菌性の胃腸炎の場合には、嘔吐物などに触れたりする事で感染する可能性もあります。取り敢えず激しい腹痛や下痢、そして嘔吐や悪寒がするようであれば、細菌性の胃炎もう違って感染しないように病院に行きましょう。ノロウィルスを疑う場合には救急車を利用してもいいかもしれません。