大人になってから耳のトラブルになった事はありませんか?私は以前、感染症による急性中耳炎を経験した事がありました。子供の頃から耳のトラブルはあったので、それほど気にはしていなかったのですが、まさか大人になってから急性中耳炎になるとは思いませんでした。

急性中耳炎になった時の症状は、子供の頃よりも大人になってからの方がはるかに苦しかったというイメージがあります。というのも2週間も入院生活をしなくてはならなかったからです。最初はインフルエンザだったのに、いつの間にか急性中耳炎も発症していました。

他の方はどうなのかわかりませんが、私の場合は急性中耳炎になったせいで、聴力が著しく低下してしまっていました。ほとんど耳が聞こえていない状態で過ごしていたのです。痛みもありましたし高熱もひどかったのは、大人になってからだからだと考えられます。

というのも実際に子供の頃には中耳炎はよくある事なのはわかるのです。大人よりも抵抗力も低いですし耳の構造も中耳炎になりやすいのです。ところが大人は耳の構造もしっかりとして、抵抗力もとても高いはずなのです。それなのに急性中耳炎になってしまったのです。

実は大人になってからの急性中耳炎は非常にたちが悪いです。私の場合は両方の耳を手術しなくてはならない程になっていました。手術をして抗生物質の点滴などを受けた事で、症状の改善ができるようになったのです。

なので大人になってから急性中耳炎にならないようにするためには、疲れを蓄積しないようにするとか、食生活を改善して免疫力が下がらないようにするなどの努力も必要になるかもしれません。

大人の急性中耳炎の恐ろしい症状

子供の頃にかかった急性中耳炎の症状といったら、熱が出たり耳が痛かったりといった症状だったと思うのですが、大人の急性中耳炎はそんな生易しいものではありません。痛みはそれほど感じませんでしたが、中には激痛を感じる方もいるそうです。

そして高熱が出るのは子供の急性中耳炎と同じだと思うのですが、大人の場合は高熱なんていうものではありません。私だけなのかもしれませんが、40度を超える高熱が1週間も続きました。それはもう死ぬのではないだろうか?と何度も思いました。

でもこれらの症状は我慢しようと思えばできる事ですよね。問題なのは難聴になってしまった事です。大人になってからの急性中耳炎でのみ経験した事ですが、聴力が0に等しくなってしまったため、日常会話はもちろんですがテレビの音も何も聞こえなくなってしまいます。

テレビも最大の音量にしてようやく普通くらいに聞こえるかな?という程でした。これは日常生活を送る上で非常に困った問題でした。恐らく大人になってから急性中耳炎になった方の中には、同じ症状で悩まれた事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

最大の問題は治療をする時に、手術をしなくてはならなかったという事です。手術をする事でしか急性中耳炎の治療はできなかったのです。なので大人になってからの急性中耳炎は、治療も何もかも全てが大変だったという記憶しか残らないのかもしれません。