お医者の話が分からない

「あれ、足が痛いけど、昨日なんかあったっけ?」

寝起きにそんな疑問を持って前日の出来事を思い返しても、特にぶつけたりしたわけではありません。傷めるような出来事はなかったはずなのに・・・。

そんな疑問がよぎった時に必要なのは情報です。もちろん病院に行くことは基本的な対応なわけですが、不思議と医師の話というのは分かりづらいものです。

もちろん根気よく丁寧に説明してくれる良心的なお医者さんもいます。しかし、次々に患者をベルトコンベアに乗せて処理しているような感覚で、機械的に最低限の説明だけをして済ませていく医師が少なくないのも事実です。

いまいちよく分からないまま帰されたものの、とりあえず薬は処方されたのでよしとしたら、その後症状が思わぬ方向に出てきて戸惑ってしまうこともあります。

そんな時、再び病院に行くのも面倒ですし、不親切な医師のもとに通い詰めるのも気が重いものです。そこで、医師の説明を理解する助けになるのが情報です。

本来なら、医師が患者の理解の度合いを見ながら離すべきですが、そんな意識のない医師もいる以上、患者側が自己防衛をするというのが現実的な対応になります。相手に多くを求めても何も改善しませんし、やる気のない医師はほうっておくしかないでしょう。彼らの特権意識はそう簡単には変えられません。

当サイトでは、病気や体調不良が起こった場合の原因や治療法、対処法等についてまとめています。一般的な患者さんの目線に立って情報をまとめていますが、分かりづらい点等があればコメントをお願いします。より分かりやすい説明に変更するための助けとさせていただきます。

1人でも多くの人が、健康上の問題に悩まされずに人生を歩んでいけること、それがこのサイトが社会に提供する価値であり、私達の理念です。